症例報告

アクセスカウンタ

zoom RSS 顎の痛み  24歳 男性 販売業

<<   作成日時 : 2009/04/03 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2週間前に頬杖をついていたら、ゴキッという音が鳴りそれから痛みが消えず来院。
以前から顎の動きは、引っかかる感じは感じていた。今は痛みで顎の開閉がきつい。
整形外科でレントゲンなどをとり診察を受け顎関節症と診断される。治療は投薬で筋肉弛緩剤を服用しているが効果はない。
首や肩こりも感じていて酷くなると吐き気や頭痛になる。さらに疲労やストレスが重なった時に突発性の難聴が出た時もあった。

<初診時の状態>
・顎の痛みは右側に強く出ている
・可動域の減少は強く、指が2本入るか入らないか程に減少している
・ラリーをやっているのでムチウチは多数経験しており、頸の痛みはしょっちゅうある
・しびれはない

<施術後の経過>
とにかく顎の痛みと可動の減少が顕著で日常生活に支障をきたすほどのもので本人も痛みを取ることを切に望んでいましたので、なんとか痛みをどうにかすることに重点をおいて施術のプランを組み立てました。
痛みが出てから2週間ほど経っているので炎症はさほど気にせずに、顎関節と周辺部の筋肉、首肩のアプローチを重点的に行いました。
1回目の施術で可動が指3本ほど入るくらい回復し痛みもだいぶ軽いとの事でしたが、顎の開閉時に下顎が右に傾く動きが酷く痛みもまだあるので顎に加減をした矯正を加えながら施術を継続しました。
4回の施術で顎の痛みは消失しました。開閉時にやや下顎が傾くものの開閉自体は問題なく、その後も施術を受けにいらっしゃっていますが顎は大丈夫な様でした。現在はラリーで痛めつけてしまっている首が問題です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
顎の痛み  24歳 男性 販売業 症例報告/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる