症例報告

アクセスカウンタ

zoom RSS 両足 大腿 男性 29歳

<<   作成日時 : 2009/03/03 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、交通事故で右下腿骨骨折(脛骨・腓骨)でボルトとプレートを入れる手術をし、2ヶ月前にそれを外した。その後大腿の前面にだるさと痛みを感じ来院。
先週、病院にMRIで検査をしに行ったが特に問題はなく、痛みどめを処方されたが飲んでいない。
歩けないほどの痛みではないが、全体的な痛みがあり、だるい。

<初診時の状態>
・両脚大腿部に痛みとだるさ
・可動制限や歩行困難はない
・痺れはない
・症状は1か月ほど続いている

<施術後の経過>
特別強い筋の拘縮やハリ感は感じられませんでした。それよりも、筋力の低下が著しく全体的に張力を失っている感じでした。施術は偏ってしまっている筋の負担をニュートラルにするために緩和操作をし、操体などを使って筋肉に刺激を与えました。
3回ほどの施術で状態はほぼ回復しましたが、筋力がある程度戻ってこないと同じことを繰り返すので、筋トレをしながら当院でケアされています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
両足 大腿 男性 29歳 症例報告/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる