症例報告

アクセスカウンタ

zoom RSS 右手の痛み 首 肩  45歳 男性

<<   作成日時 : 2009/02/24 18:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3ヶ月前から肩から腕の痛みがひどく来院
特に右手の痛みが顕著で、しびれるような痛みがある。動作時に痛みが強く、寝返り時に痛みで起きてしまう。
20年前にむちうちをやっている。現在、腎臓を患っており、左腕から透析を行っている。

<初診時の状態>
・右腕の可動域の制限はないが、注意をして動かさないと痛みが現れる。
・肘付近に最も強い痺れと痛みがある。
・頸椎の6番に軽い変異を認める。
・高血圧で薬を服用している。服用時の血圧は130mmHg〜80mmHg。

<施術後の経過>
とても状態の悪い方で、うつ伏せがきつく、痛みのある右腕に触れるだけで強い痛みを感じ、筋反射のアプローチをしようにも腕に力が入れられない状態でした。直接触ったり、力を入れてもらったりが出来ないので腕へのアプローチがほぼ出来ず、頸・背中などの付近の緩和操作 腕には特殊機器を使用しながら施術にあたりました。
まだ、レントゲンなどは撮影しておらず診断も受けていませんでしたので、まず整形外科での診断を念のためにお願いをいたしました。
翌日、整形外科でレントゲンと診察を受けた結果、ヘルニアや骨に異常はないと診断を受けましたが、腕の痛みについての明確な診断はありませんでした。
その次の日2回目の施術を行いましたが、痛みやしびれはほぼ変わらず、相変わらず状態は良くありませんでした。直接のアプローチがほぼ不可能ですと、施術効果を反映させる事が難しく、相談の結果、保存療法をしながら状態が落ち着いたら施術を再開することにしました。
今回のケースは非常に判断が難しく、結果として施術を継続できなく本当に申し訳なく思っております。
腕の筋拘縮が酷いわけではなくTOSの可能性も低く、ヘルニアも問題はない。でも、触れたり、力を入れたりすると強く痛い。
透析によって現れるものという予測もありましたが・・・確かではありませんし。。
継続して施術を続ける方向もありましたが、原因が分かっていないとただ痛いだけの施術になってしまいますし・・・

もっと良いアドバイスができるよう知識を増やさなければと反省させられました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
右手の痛み 首 肩  45歳 男性 症例報告/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる